SEMINAR

開催日:2021.02.07(SUN)19:00–21:00

若手&現場職員の介護のリアル in 京都|介護の仕事研究セミナーvol.4

2021.02.07(日)19:00–21:00

介護の仕事研究セミナーの最終回は、京都で介護事業に取り組む福祉法人の若手職員や現場職員が登場。
若手職員が現場のストーリーや、仕事のやりがい、悩んだ時の乗り越え方、今の仕事内容など、
「介護のリアル」を等身大で語ってくれます。


今回は、ゲストの話を聞くだけではなく、参加者の皆さんを小グループに分け、
1グループに1人のゲストに混じってもらい、直接気になることを質問できます。

実際に働いていて、普段どんなことを感じているのかな?
もし、自分が介護の仕事に就くとしたら、どんな風になるんだろう?
などなど、年の近い若手職員さんとたくさん話をすることができます。

就職活動への第一歩として、現場職員のリアルに迫ってみませんか?



[登壇法人紹介]

社会福祉法人くらしのハーモニー

最期まで地域で。「楽しく生きる」をつくる福祉

高齢者、障がい者、子どもたちなど、誰もが住み慣れた地域で、
お互いに学び合い、困った時には助け合い、ともに暮らせる社会・地域をつくる為に、
福祉事業や地域活動を行っています。
◆住民主体の地域活動サポート拠点 ◆ADLを落とさせないリハビリ施設
◆リハビリ後を支援する住まい ◆地域密着型サービス
◆サードライフの場づくり を運営中。

社会福祉法人カトリック京都司教区カリタス会

ハンパない自由さが、多くの喜び・愛しさ・感動を生む!施設ケア

旅行・外出OK!食べ物の持ち込みOK!買い物OK!
地域とつながりながら、自宅と同じように自由に、食べたいものを食べ、起きたいときに起き、
したいことをして過ごすことができる様々なしくみや、利用者の笑顔、
職員の喜び・やりがい・感動のスパイラルを生むしくみをご紹介します!

社会福祉法人リガ―レ暮らしの架け橋

地域とともに一人ひとりの暮らしをつなぐケア

近所のスーパーで買い物をする。子供たちと一緒に地域の夏祭りに出かける。孫の結婚式に参加する。
施設でも自宅でも、ひとり一人のあたりまえの暮らしを続けるために。
施設だけではできないことも地域との関わりや人のつながり、そして職員のアイディアと工夫で実現していく。
そんなクリエイティブな取り組みを日常のケアで展開しています。

社会福祉法人京都福祉サービス協会

モノづくりが高齢者と地域をつなぐ架け橋に!

モノづくりが利用者同士の絆を育み、地域社会ともつながっていく。
ものづくりブランド『sitte』は、このような「社会参加」を目指しています。
『sitte』の製品は、ライフスタイルショップ「mumokuteki」とのコラボにより生み出され、
「ほんとうに良いもの」を求める高感度な若年層に響くデザインにこだわります。
高校生や行政と協力し、商品に付加価値とメッセージをのせて展開しています。

[日程]
2021年2月07日(日)19:00-21:00

[会場]
オンライン(zoom)で開催します。

[プログラム]
19:00-19:05|オリエンテーション
19:10-19:40|登壇法人紹介
19:40-20:20|小グループに分かれてのセッション
20:20-20:50|参加者より感想共有タイム
20:50-20:55|クロージング

[対象]
大学、専門学校、短大などの学生なら、全国どこでも参加OKです。
福祉や介護を学んでいない学生の参加も、もちろんOKです。
※本イベントは学生対象のイベントです。社会人の方は参加できませんのでご了承ください。

[申し込み]
イベント申込フォーム(https://fukushigoto.f2f.or.jp/search_entry?id=30128)からお願いいたします。




※前日までにお申込みください。
※イベント申込には学生会員登録が必要です。
※申込された方に、セミナー参加用のzoomURLをお知らせいたします。

CONTACT

TEL 06-4799-0108 受付時間:9:00〜17:30(土・日・祝日・年末年始除く)