SEMINAR

開催日:2020.12.13(SUN)19:00–21:00

[開催終了]2040年の社会って、介護ってどうなっているのだろう?|介護の仕事研究セミナーvol.2

2020.12.13(日)19:00–21:00


今回のゲストは、IIHOE代表者の川北秀人さん。
FACE to FUKUSHIやみ・らいず2(FACE to FUKUSHIの母体となっているNPO)が、
創業当初からアドバイスやコンサルティングをしていただいています。
社会課題解決を担うNPO業界では、非常に著名な方です。

「20年後の社会がどうなっていくのか、どうしていきたいのか、から逆算して考える」
「本気で社会課題を解決したいのか」
そんなことを常に問い続けてくださり、視座を高めてくださっています。

今回は、そんな川北さんを特別ゲストにお招きし、
マクロな視点から「社会」や「介護」についてお話をしていただきます。

みなさんが、社会の第一線で活躍している20年後の2040年に、
果たして社会はどうなっているのだろう?
その社会で介護が担う役割はどうなっているのだろう?
超超高齢社会はどうなっているのだろう?

そんな疑問に、川北さんに”優しく、わかりやすく”答えいただこうと思っています。



[日程]
2020年12月13日(日)19:00-21:00

[会場]
オンライン(zoom)で開催します。

[ゲストプロフィール]
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表者 川北 秀人氏

1964年大阪生まれ。87年に京都大学卒業後、(株)リクルートに入社。
広報や国際採用などを担当して91年退社。その後、国際青年交流NGOの日本代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、94年にIIHOE設立。
市民団体のマネジメントや、企業の社会責任(CSR)への取り組みを支援するとともに、NPO・市民団体と行政との協働の基盤づくりを進めている。
また、地域自治組織の先進地である島根県雲南市の地域自主組織制度を、 2006年の立ち上げ当初から支援するなかから「小規模多機能自治」の推進を提唱。同市などの呼びかけにより15年に設立された「小規模多機能自治推進ネットワーク会議」には250以上の自治体が参加し、農山漁村部だけでなく、今後は都心部でも急速に進む高齢化や人口減少に備えた 住民自治や地域経営のあり方を、ともに学んでいる。
https://blog.canpan.info/iihoe/

[プログラム]
19:00-19:05|オープニング
19:05-19:55|ゲストより話題提供
19:55-20:05|質疑応答
20:05-20:40|感想の共有タイム
20:40-20:50|クロージング

[対象]
大学、専門学校、短大などの学生なら、全国どこでも参加OKです。
福祉や介護を学んでいない学生の参加も、もちろんOKです。
※本イベントは学生対象のイベントです。社会人の方は参加できませんのでご了承ください。

[申し込み]
イベント申込フォーム(https://fukushigoto.f2f.or.jp/search_entry?id=29640)からお願いいたします。

※前日までにお申込みください。
※イベント申込には学生会員登録が必要です。
※申込された方に、セミナー参加用のzoomURLをお知らせいたします。

CONTACT

TEL 06-4799-0108 受付時間:9:00〜17:30(土・日・祝日・年末年始除く)